フムスエキス(フルボ酸[フルボ酸エキス])を使用した製品の開発及び販売【FROM EARTH(フロムアース)】|Wackプランニング株式会社

[STORY]開発ストーリー|フムスエキス(フルボ酸[フルボ酸エキス])を使用した製品の開発及び販売【FROM EARTH(フロムアース)】|Wackプランニング株式会社

「課題」現状の化粧品

商品格差が少ない化粧品。

商品格差が少ない化粧品。

もともと私達は美容業界で問屋業を営み、たくさんのメーカー製品を20年以上にわたり使用し、プロである美容師さんに紹介をさせて戴きました。

過去には群を抜くクオリティを持った製品もありましたが、その他のほとんどは他社の物まねが多く、宣伝やパンフレットに書かれているような効果も感じにくかったのが現実です。

どの製品も「悪くはない」けれど、「特別に良い」わけでもない。という感想を持たざるを得ませんでした。

各メーカーは、消費者に対する見せ方(販売戦略)に力を注ぎ合い、業界内でのポジションやシェアを奪いあっているのが現状です。

化粧品は、限られた原料の中で作られている。

何故、似たような製品しか作れないのか?

その理由とは、化粧品の原料選択にありました。化粧品は認可されている数千種類と言われる原料の中でしか、製品それぞれの個性を生み出すことが出来ないのです。

だとすると、画期的な新素材を開発しない限り、飛躍的な違いと効果は得られないのでは?と、私達は考えるようになったのです。

原料で、一番多く含まれているのは精製水。

原料で、一番多く含まれているのは精製水。

化粧品に含まれる各成分の構成割合を調べてみたところ、効果が期待できる有効成分の配合量は「少しだけ」という驚きの結果を得ました。

それは、化粧品に配合される成分の中でもっとも多い成分は「水」だ、という意味です。

この事実は開発における大きなヒントになりました。

  • 「課題」現状の化粧品
  • 「新常識」主成分の水を有効成分に
  • 「誕生」フムスエキスとの出逢い
  • 「フムスエキス」とは
  • 3つの開発理念
[STORY]開発ストーリー|フムスエキス(フルボ酸[フルボ酸エキス])を使用した製品の開発及び販売【FROM EARTH(フロムアース)】|Wackプランニング株式会社